「蒲鉾は魚の大吟醸」鎌倉で培われた伝統の風味 トップページお問い合わせ会社概要











































 徳川時代より、江戸、関東一円で愛されてきた蒸し蒲鉾は、歯ごたえに腰があり、雪のように白い肉をこんもりと盛り付けた形が特徴です。「小田原式」と呼ばれ、関西の焼き抜き蒲鉾と区別しています。しっかりと、しかもしなやかな歯ごたえ。さわやかな後味。おいしく召し上がっていただくコツは、まず厚めに切ること。そして、上質の醤油とわさびを添えること。さらに、旨いお酒があれば、言うことなし。


 蒲鉾と同じ上等の生地に、鎌倉の町や野に咲く梅の可憐な姿を表現してみました。腰があってしかも柔らかな歯ごたえ、洗練された汐の香り。他にない味と、全国の皆様にご愛顧いただいています。そのまま、またはわさび醤油でお召し上がり下さい。椀種や麺類などの付け合わせ、あえものに、また、バター焼きにしてレモンを添えて召し上がるのも一興です。





 銭洗弁財天の縁起にちなんで生まれた、揚げ蒲鉾です。しっかりとした肉厚の歯ごたえと純正胡麻油の香ばしさは、鎌倉武士の気骨を思わせる、とご好評いただいております。そのまましょうがや大根おろしを添えて。また、オーブントースターやグリルであぶっていただきますと、その風味も格別です。



裏ごしした玉子を形づくり、柔らかく仕上げた上品な蒸しものです。三蓋の松を形どり、黄身が白身を包み込んだ姿は、慶事のおもてなしや会席をあざやかに彩ります。また、お茶うけにも最適です。





 蒲鉾と同じ上等の生地に、貝柱を刻み入れて蒸し上げました。磯の香りあふれる上品な味は、佳酒の肴にぴったりです。また椀種や茶碗蒸しなどにもどうぞ。



 義経を思って舞う静御前の可憐な姿を託した、小振りな白竹輪です。きゅうりやチーズをつめてオードブルに。縦に割り、筏に見立て串にさして、味噌や練りうに、わさびマヨネーズなどを塗ってあぶり、筏焼きに。幅広くお使いいただけます。





 香ばしく焼き上げて、しっかりとした歯ごたえと風味を持たせた蒲鉾です。焼きぬきとも焼き板とも呼ばれ、蒲鉾の最も古い製法とされています。ちらしずしや麺類などにもお使い下さい。



 玉子の甘味とグチの旨味を相性よく焼き上げました。ふうわりとした食感が自慢のジューシーな伊達巻です。ひとつひとつ手作りで焼き上げますので、現在はおせちシーズンのみの季節限定商品となっております。





Copyright 2005 井上蒲鉾店 All rights reserved.